「コロナ後を語る」として私の演説会を福岡市で開会したところ大変な盛況でした。新型コロナの感染が全国で止まらず、福岡県も連日「第二波か」思わせるような厳しい状況にあります。大規模集会を決行するかに大変悩みましたが、万全の予防対策を講じての本番では皆様方にご協力頂きました。   

まず安倍総理と麻生副総理から力強い応援メッセージが呼び上げられた。続く特別ゲストに自民党幹事長代理、元防衛大臣の稲田朋美氏から講演を頂いた。稲田氏と私は国会で弁護士グループとして親しく、中国問題の強硬論で思想的に一致していること。稲田氏は今や女性国会議員のリーダーとして最も将来を嘱望されている議員であって、本日の講演では私を「次には防衛大臣か外務大臣に」としっかりと持ち上げてくれた。   

私は主題の「コロナ後の問題点と展望」を話しました。その上で、早晩近づく解散総選挙では断固として勝ち抜き、これらの将来課題を実行したいと決意を表明しました。「持つべきは友」で、このコロナ騒ぎに駆けつけてくれた多くの人々に心から感謝を申し上げました。