安倍首相が辞任を表明された。突然の形であったが、もはやその雰囲気はあった。このところの疲れと表情にはさすが気の毒であった。私は第一報には「まさか」と「やっぱり」が交錯した。   

本当によく頑張られた。大きな成果を出された。もちろん生身の人間、失敗はあった、しかし遥かに凌ぐ成果とその指導力は偉大なものであった。会見では「持病のこと、コロナ対策のこと、これからのこと」を話され、「体調が万全でない以上国家国民への責任は全う出来ない、総理を辞めるしかない」と率直に話された。心残りは「拉致問題、憲法改正、北方領土問題」と付け加えられた。   

さあ、総裁選、総選挙だ。