米国製薬会社ファイザーなど新型コロナへの予防ワクチンの開発ニュースが流れるようになった。効能、安全性、実際の輸送態勢など未だ十分ではないが一応の情報ではある。日本政府もその入手に手を打っているようだが、本格的実装には未だ1〜2年はかかりそう。日本の製薬業界に開発ニュースは出て来ないのか。     

 日本の感染状況も北海道、東京、大阪など第二波を思わせるもので、アメリカ、ヨーロッパなどは本気で都市ロックダウン議論が始まった。アメリカ一国で感染者は1000万人、死者24万人、毎日の発生者が10万人を超すというから驚く。来年の東京オリパラは絶対やりたいが、果たして諸外国が着いて来れるか。     

 菅内閣も3次補正予算を中身とする国会が動き始めた、選挙を睨みながらのコロナ政局が続く。