中国は国家統治の手段として、国内の少数民族の同化政策を広範囲に進めており、これは民族弾圧、人権侵害という形で現れている。中国の民族弾圧は国際社会でも深刻な政治課題として、中国政府に問いかけているが、当面改善の兆しは見られない。全国の地方議員の活動として新疆ウイグル自治区のウィグル民族を応援する組織があり、その福岡県大会が大野城市で開かれて私も来賓として参加した。      

 私は国会議員の運動を紹介した上で、日本と日本人は中国の人権弾圧に強く抗議する、被災の民族を断固応援すると演説した。「日本ウイグル協会」のアフメット氏やローズ氏は、100万人以上のウィグル人が強制収容されてされていると涙ながらに窮状を訴えられた。「これは人権侵害を超えて国家犯罪である」との言葉が胸を刺す。