地元大野城市アシュラン系ホテルで「日本の明日を語る会」(地元地区「励ます会」)を開催し、盛会裡に終えた。東京から平沢勝栄復興大臣を迎えて力強い応援を頂いた。地元事情も未だ不安定ではあるが、一つ一つの活動を地道に仕上げていくことが、結局は目標達成への道程であると信じています。     

私は演説の中で、さまざまコロナ政策を論じ、またこの衆議院選挙調整に取り組む自民党本部と福岡県連の役員諸氏のご苦労には心から感謝しました。そのうえで、前日の記者会見に引き続いて、「競争相手たる県会議員栗原氏についてはいずれ私の後継者として最も相応しい人である」ということも明言しました。