今年は新型コロナの感染で、正月の会合はほぼゼロ、しかし選挙を目前にする議員心理は複雑です。私は元日から地元事務所に出て、テレビで箱根駅伝を横に見ながら、年賀状の整理、葉書書き、大事な人への電話、新聞、雑誌、書物を読むこと、することは山のようにあります。パソコンも存分に打つこともできる。     

 運転の秘書を一人呼び出して街宣車に乗る、遂に5日間で選挙区ほぼ全域を回りました、マイクで話すことは極く単純、「皆様明けましておめでとうございます、今年こそはコロナのない年にしましょう、そのためには三密に気をつけ、リモートワークを心がけましょう。」、「こちらは自由民主党、衆議院議員の原田義昭、本人です。」・・・の繰り返し。無数の住宅街を回りましたが、多分大方の人はstay home、家の中で私の声を聞いてくれていると思いました。     

 選挙時の年初にはいつも続けています。選挙運動とは、実に単純なものです。単純だけど必ず分かってくれる、そう単純に信じています。