日経新聞が取材に来たので、真剣に応対しました。テーマは「2050年に炭酸ガス排出ゼロ」とそれを目指す「炭素税とカーボンプライシング政策」の是非。私は自分の閣僚時代の思いを踏まえて、「方向性は正しく、是非やるべきであるが、経済界との話し合いは丁寧にやるべきこと」とコメントしておきました。