福岡県には多くの特産品が作られているが、このたび、私も手伝って、いちご(あまおう)、久留米絣、甘木絞り、地場ウイスキーなどの地元特産品を香港、シンガポールに輸出することになりました。日本の産品は、外国においては健康で安全で、美味しい、何より有名ブランド品として信頼性と評判が驚くほど高い。国の「クールジャパン(Cool Japan) 」政策では、文化、芸能、食事、衣装までもがトータルで輸出振興されており、これもそれも、我が日本人の祖先、先輩達が、如何な激動の国際ビジネスでも真面目に正しく信用を築いてくれたことによるものです。    

 「呉志豪(ドーチーホウ)」君、彼は華僑系マレーシア人で、大学留学から25年、日本に住んでいます。真面目で勤勉、義理人情にあつく、頭も良い。一方で商才に長け、本国マレーシアにも立派な実家と地盤を持ち、今や日本とマレーシア、東南アジア間のビジネスを本格的に手掛けています。彼のアドバイスもあり、今回朝倉市を中心に地元特産品の海外展開に乗り出したものです。    

 呉君はいつの間にか私の国会事務所に居付くようになり、私も彼を意識的に育てています。呉君の夢は本国ボルネオ島に一大「日本村」を築き、日本とマレーシアの架け橋となることです。