日本経済新聞の政策討論「炭素税」問題に登場しました。私は環境大臣在任中も炭素税、カーボン•プライシング(carbon pricing)の導入の必要性を唱えたが、時期至らずで達成できませんでした。菅政権になってから局面が変わり、私は、炭素税が国際的な趨勢となっており、国民の理解を得て出来るだけ前向きに取り組むこと、むしろこれを機にさらに産業界での技術革新、経営革新に務めて脱炭素社会を実現すべきことを力を入れて訴えました。