東電(東京電力)が原発につき再び重大な失策を起こしたとして非難の対象となっている。国の全ての原子力施設はテロ対策として不正侵入者を検知する設備を義務付けられているが、原子力規制委員会は柏崎刈羽原発については昨年3月以降複数の設備が機能していなかった(不正侵入の危険に曝された)と発表、その度合いは最も深刻な違反という。       

 私は自民党「原子力規制特別委員会」を委員長として急遽召集し、事態の把握、対策の検討に着手した。東電常務も同席、「懈怠には気付いていたが隠蔽、虚偽報告した」類いの答弁を見ても東電全社の責任意識、当事者能力について大いに疑問を与え、今更外部の第三者委員会でもないだろうという気持ち。(福島事故など)手負いの東電にとって、柏崎刈羽原発は正に命綱、起死回生の一打たるべき存在であり粗末に扱い過ぎではないか。「検査に1年以上はかかる、再稼働は難しい」などの憶測が飛び交う始末。