「地球温暖化対策推進法」が成立したが、自民党ではこれを機に具体的方策を様々検討し(会長鈴木俊一議員)、それを小泉進次郎環境大臣に意見具申した。菅首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」は日本の産業構造、エネルギー需給のみならず国民生活全般をも改変する革命的なエポックであって、環境省政策には特に関係深い。

 小泉大臣は「再生エネルギー」こそ決め手であって、再生エネの短期的なコスト高、使い勝手の不便さは中長期には必ず解決するし、またそのコスト増は国民全体で負担すべき、原発を含む電源構成は再生エネルギーを見ながら決定すべし、というクリアカット(簡明)な持論を展開された。       

 久しぶり、大臣離任後初めての大臣室訪問で、瞬間、思い出と懐かしさが去来した。小泉大臣とはツーショットして、部屋を出た。