郵政民営化は2007年10月にスタートした。革命とも言える激しい政治闘争に費やされた政治的エネルギーは大変なものであった。その後の民営化の進展は概ね予定通りではあるものの、最近のかんぽ(簡易保険)制度の起こした不祥事や地方局員の犯罪など国民の信頼を取り戻すには未だ多くの努力が必要とされる。自民党を中心にこれを支える運動も続けられており、それ故に郵政グループと自民党との結び付きは強い。      

 私も挙手して、郵政グループと地元活動が順調に行っていること、近づく選挙においても一層の支援を頂きたい旨の意見陳述を行い、大方の同意を得た。日本の郵便制度は冠たる歴史と意義を持ち、国の発展に如何に役立ったかは敢えて言うまでもない。

(議連会長は野田毅氏、「全国郵便局長会長」は末武晃氏)