時松隆光君は、福岡地元の出身で、男子プロの「全国選手会長」を務めている。今男子プロは女子プロの華やかさに比べれば、試合数、スポンサー、収入いずれも見劣りがする。時松プロは選手会長として責任を感じ、営業活動を積極的に行なっている。今日私は麻生太郎財務大臣に連れて行った。麻生大臣は生来スポーツマンで、ゴルフのキャリアは長く、技量も相当に高い。      

 日本のプロも、昔は青木功、尾崎将司など派手な時代はあったが、今はすっかり大人しい。目玉選手が少ないのと、スポンサーを惹きつけるプロ選手としての努力と基礎訓練が足りないというのが、麻生大臣の厳しい指摘であった。時松プロは神妙に聴き入った。最後には大臣から起死回生の秘策と温かい励ましを頂き、時松プロには元気が戻った。何処の道も険しい。      

 松山英樹や石川遼など日本のゴルフ界も決して捨てたものではない。若手が懸命に努力することで、ゴルフ界が大いに蘇(よみがえ)ることを期待したい。