県トラック協会の役員が陳情活動。北九州市と山口県、本州との関わりは強く、長く北九州-山口県の道路建設への要望が続いている。関門トンネル(鉄道)、関門橋はすでに耐用年数を遥かに越え、将来の物流運輸を考えると、出来るだけ早くに高速道路(有料)を建設すべしとの意見、私は、いわゆるPFI方式(民間資金活用の公共事業)の導入も含めて、その実現に最大限努力する旨を応えました。      

 そのためにも、私は今度の選挙で圧倒的に当選する必要があります。