2日続けて、ズーム方式にて福岡の事務所から、1日目は韓国の人々と、2日目はアメリカの学者たちと会議しました。それなりの成果と、また個人的にもズーム方式に確実に慣れてくるのを覚えます。      

 コロナ禍ですっかりオンライン、ズームでの会議が普通になってきました。その時の機器の都合や相手国、電波状況次第ですが、慣れてくれば国際的な会議でも意思疎通は十分に図れます。コロナ禍によって人間は大いに災難を被りましたが、ズーム方式がポストコロナでも普通になるとすれば、むしろコロナ禍の副産物として人類の発達史にも刻まれるかも知れません。