太宰府天満宮にて「夏越の祓い」(なごしのはらい)兼「茅の輪潜り」(ちのわくぐり)行事に参加しました。日本には四季折々のけじめたるべき神社行事が豊富ですが、この夏越しの「茅の輪潜り」は全国に広がっている真夏の伝統行事。厄災祓い、無病息災、家内安全を祈り、多くの神社で地域色豊かな茅の輪潜りが行われます。今年はコロナ禍の蔓延を防止するという特別の年にもなっており、炎天下、参詣者も皆真剣な風情で、私は加えて「選挙必勝祈願」も入っており、例年になく忙しいお詣りとなりました。