大野城市長選が行われ、現職「井本宗司」氏が5選を果たした。コロナ、医療対策に加えて都市化、高齢化、環境対策など今後の都市づくりの手腕が期待される。