厚労省は感染症ワクチンなど、パンデミック(感染爆発)で急を要するものについては、医薬審査を迅速化するという。良い方向が出たと思う。このコロナ禍の期間中、ワクチンの重要性は決定的であった。しかし国産ワクチンは遂に見ることはなかった、全部ファイザーとかモデルナとか欧米のもの。

 私は本当に悔しく思い、厚労省や関係議員にいつも噛み付いた、「なんで医学先進国日本が、輸入にばかり頼るのだ、医薬審査が遅過ぎるのではないか、この厳しい時になんで日本は無力なのだ。」

 安全性はもちろん厳しくやる、しかし薬効、どれだけ効くのかは少し後でもいいはずだ。まず承認して、ワクチンを接種する、治療薬を飲ませる、勝負はそれからではないか・・・

 将来に備えて厚労省もよく決断してくれた、成功を祈る。