衆議院が解散されました。この会期、比較的珍しい、丸々4年間を務めさせて頂きました。それを支えた国民、多くの人々に心から感謝致します。

 内閣は幾つも代わり、もちろん国際社会も激動しました。その中で私は多くの仕事をこなし、国家にも貢献し、地元福岡にも実績を残しました。この間入閣も果たし、「永年勤続」表彰の代表にも選ばれ、次の選挙への自民党公認にも選ばれました。それなりの達成感は持っていますが、政治家として育てられた私には、現下、さらに大事な使命があると思っています。

 国会議員とは明確な「国家観」と無限の「郷土愛」を持ってはじめて務まるものであって、そのための思想、哲学、経験、実績、人脈が要求されています。私はその全てを「政治こそ最高の道徳」という言葉に凝縮し、自らの戒め、目標としています。

 厳しい選挙となりました。自民党は分裂し、野党は民主、共産が一本化して、如何なる意味でも厳しい選挙となります。それが天の配剤とあらば、その中で懸命に頑張ることだけが与えられた道であります。頼りは多くの皆さま、誰よりも地元の皆さまであります。どうぞよろしくお願い致します。

 (揮毫は「永年勤続者」が各人書くもので、いずれも国会図書館に永久保存されるという。)(もう少し、稽古の時間があれば・・・)