皆さま、私はこの度落選致しました。多くの多くの皆さまの懸命のご支援にも拘らず当選を果たすことが出来ず、本当に申し訳なくお詫び申し上げます。この選挙、もちろん人並みに様々なことがありましたが、結局私が時代の波に乗れなかったこと、ひたすら自分の努力不足、不徳の致すところであり、今後の人生を臨むにあたり、しっかりと反省材料にしていきたいと思います。

 今日まで私は皆さまのお支えで、思いの丈、政治家生活、議員生活を送ることが出来ました。自民党と議会での多くの役職、環境大臣、国務大臣を含む政府要職を務め、遂には晴れの「永年勤続表彰」を授かり、その際に衆議院本会議では代表演説まで許されました。今後については、経済、外交、安全保障、中国問題、エネルギー問題など多くの国家的課題が存在するとして、培った政治体験、情報、組織等を活用して、少しでも役立つ活動は続けていきたいと考えます。

 思うこと山ほどありますが、事ここに至った以上、私どもは全く新しい気持ちでこれからを生きて参ります。皆さまの引き続きのご指導を今後ともよろしくお願いして、とりあえずのご報告を致します。本当にありがとうございました。              

11月1日   原田義昭